用途自由で国からお金を借りる方法

用途自由で国からお金借りる方法などあるのだろうか、と疑問を抱いてしまうことがあるでしょう。しかし、その方法はあります。株式会社日本政策金融公庫という国が経営する金融機関があります。略して日本公庫と呼ばれています。この日本公庫が管理している国の教育ローンを利用するという方法があります。ただし、教育ローンという名前がついていますので、子供がいることが大前提になります。しかし、本当に用途自由でもかまわないのか、という疑問が残ります。これについては、結果的に用途自由になるということです。例えば、車を買い換えたい場合、日本公庫の窓口に行き、車を買い換えたいのでお金を貸してください、と言っても無理に決まっています。当然のことながら国の教育ローンは、子供の教育に必要な費用しか融資の対象になりません。それでは、次のような理屈で説明すればどうでしょうか。車を買い換える必要があり子供の学費を払うのが大変になりますので教育資金を貸してください、と説明するわけです。この理屈であれば、嘘のような話ですが融資対象になります。国の教育ローンを受けたい場合には、教育資金を借りる必要があるという名目さえ立てば良いことになります。お金に色はない、という言葉がありますが、お金をどう使っても、それは使った本人にしか分からないことであり、国から用途について問われることはないのです。以上の内容を頭の片隅に置いていただき、国からお金を借りる方法を模索する際の参考にしてください。